上杉笹

上杉笹

  • 1月 6, 2020
  • 1月 6, 2020
  • 家紋

竹はその真直ぐ伸びた姿から、節操・高潔を意味する植物として、また雪にしなうたくましさ、美しさなどが愛されました。

天子の着用する衣装にも竹が使われたことから、平安・鎌倉時代にかけて文様として流行し、家紋として用いられるようになりました。

竹と雀は、「竹取物語」にもあるように古来より深く結びつけて考えられていたようです。「竹に雀紋」は公家の勧修寺経房が用いてから、勧修寺一族が家紋としました。

使用している人物

上杉謙信

上杉氏は勧修寺氏の一族が鎌倉時代に鎌倉に下向し、武家に転じたものです。

上杉笹
最新情報をチェックしよう!

家紋の最新記事8件