武田菱

武田菱

  • 1月 7, 2020
  • 1月 7, 2020
  • 家紋

菱紋は、その名前から菱の葉が原型になったと思われがちですが、斜方形の文様から転化した奈良時代より使用されるきわめて古い文様です。

のちに菱葉を象った写実的な「葉菱」紋も生まれましたが、植物の菱と菱紋とは本来無関係であります。

菱紋の基本形は菱持といわれる菱形で、そこから多くの変形が派生して、数ある家紋のなかで最も多くのバリエーションをもったものとなりました。

使用している人物

武田信玄

武田氏が用いた「武田菱」は、「田」の字を紋様化したもので、「四割菱」の菱形同士の間隔狭くしたものとして区別することがあります。

武田菱
最新情報をチェックしよう!

家紋の最新記事8件