北条鱗

北条鱗

  • 1月 7, 2020
  • 1月 7, 2020
  • 家紋

三角形を複数並べて組み合わせる単純な連続文様は、もともと古代からあるもので、その幾何学模様が魚や蛇の鱗の連なりに似ていることから「鱗」の名が付けられました。

桓武平氏の流れを汲む鎌倉北条氏一門の「三鱗」は、初代執権・北条時政が江ノ島弁財天に子孫繁栄を祈願したときに美女に変身した大蛇が神託を告げ、三枚の鱗を残して消えたことに因むといいいます。

「三鱗」には二種あり、高さを低く変形させた三鱗を「北条鱗」と呼びます。

使用している人物

種子島時尭

種子島氏は、鎌倉時代初期に平家から北条家の養子となり種子島に入ったのが初代であるとされ、北条鱗紋を使用しています。

北条鱗
最新情報をチェックしよう!
  • 前の記事
    武田菱

    武田菱

  • 次の記事

    記事がありません

家紋の最新記事8件