赤鳥

赤鳥

今川家は足利将軍家の一門として、五七桐紋や二両引き紋を用いていますが、「赤鳥」という紋も用いていました。

今川了俊が記した『難太平記』には、自陣の笠印に悩んでいた今川範国が、あか鳥を付ければ良いという神託を受けて戦に勝利したので、子孫も必ず用いるようにと書いてあります。

この「赤鳥」は、その形と名称から女性用の櫛の歯の汚れを除去する化粧道具「垢取り」を図案化したものといわれています。

また、馬のタテガミをすく道具である馬櫛もこの赤鳥紋とそっくりです。

しかし、江戸時代に今川家家宝の赤鳥を虫干ししている所を目撃した人が、「人形が着るような女の小袖」のようだったと記しているといわれ、これによれば、本当の赤鳥は神事に用いる「明衣(あかはとり)」であると思われます。

使用している人物

今川義元

  • 前の記事

    記事がありません

  • 次の記事
    大内菱

    大内菱